SAMPLE

特長

楽しい絵とお話で月の満ち欠けの話をします。

あらすじ

大昔の遠い国でのお話です。お城の見回りをしている門番の話し声が聞こえてきます。 二人の門番は、暗い夜で何も見えないからお月様に出てきてもらう話をしているのです。 二人の門番は話しをして、お月様に空に上がって明るくして欲しいと頼みました。 けれども、お月様はお腹が空いていて、上がる元気がないといいます そこで二人は、お月様にバナナを食べてもらいました。次の夜、バナナのような細い月が西の空の低い所にあがっていました でもすぐに沈んでいきました。門番は次にスイカを食べてもらいました。今度は南の空の高い所に半分の月が上がってきました。 しかし、夜中過ぎには西の空から降りていました。 お月様は今度は、ご飯を食べたいといいます。門番たちは思いました。お月様はくいしんぼうなのでもっと沢山食べてもらって おおきくなってもらおうよ。そこでご飯をいっぱい食べてもらいました。 すると、さぁ大変・・・!お腹が膨れたお月様は空に上がれなくなりました。

DATA

時 間 13分
ジャンル 幼児番組
対象シーズン 通年
キャスト 門番A       竹房 敦司
門番B       成金屋 清富
ナレーター     永井 典子
スタッフ 脚本     二木 達郎